BNP測定機器の導入

BNPとは負担を受けた心臓を守るため、自身の心臓(心室)から分泌るされるホルモンです。心臓の機能が低下し負担が増加すればするほど多く分泌され、利尿を促したりして心臓の負担を軽減させる作用もあります。従って、このBNP値を測定する事で心臓の負担度(心不全の程度)を大まかに知る事ができます。

当院では他の診断機器に加え、これまで外部に検査依頼していたBNP値を即座に測定できる機器(ラピッドピア®︎)を導入しました。心不全状態の早期診断や悪化傾向、薬剤などの効果を即日に判定し、治療機会を逃さない事を目的としております。

PAGETOP